千葉でエコカラットが注目されている理由

千葉県は東京都心からのアクセスが充実している上、都心と比較すると土地や建築費も安価になりますので、通勤圏であるとしてマンションや一軒家を購入する人も数多くいます。

このような、千葉県で自宅を建築する人の間で注目を集めているのがエコカラットと呼ばれる内装用壁材です。



エコカラットは、天然の粘土鉱物アロフェンなど、微細な孔をもつ原料を高温焼成して製造されます。



その最大のメリットは微細な孔が室内の湿度を調整してくれるところです。
つまり、湿度が高くなると、湿気を吸収して湿度を下げ、反対に湿度が低くなると湿気を放出しますので、肌やのどが弱い人にも優しい壁材であると評判になっているのです。


新聞や雑誌でも話題になっているように、ホルムアルデヒドやトルエンといった揮発性有機化合物は、私たちの体に悪影響を及ぼすと言われていますが、これらを低減させる効果もあり、また、原料が土であるため環境にも優しいのが特徴です。



千葉県においても、最近ではエコカラットを取り扱う施工業者が増えているほか、ホームセンターでも販売されている店舗が見受けられ、自分で自宅の内壁をエコカラットに交換する人も少なくありません。

自宅は将来にわたって末永く暮らす場所ですから、室内から有害物質を可能な限り排除することでハウスダスト対策にもなります。

エコカラットはこうした、住まいの課題解決に応えることが可能な優良建材であり、今後、ますます需要が増えることが予想されているのです。